栄養バッチリ!妊活サプリガイド » 妊活中のママが摂りたい栄養成分まとめ

妊活中のママが摂りたい栄養成分まとめ

 

妊活に必要な栄養素のまとめと注意したいこと

肥料がなく、痩せ細った土ではうまく芽が出ないのと同じく、赤ちゃんを授かるためにはママの体がしっかり調子を整えておかなければなりません。そのためにはさまざまな栄養素が役立ってくれるので、日常生活の中で食事に注意するのはもちろんのこと、サプリメントもうまく活用しながら妊活を行ってみてくださいね。

ここでは妊活中に特に効果的とされている栄養成分についてまとめたので、不足しているものがないか確認してみましょう。

栄養素をとる際に注意したいこと

栄養素は健康的な体を作るためになくてはならないものです。しかし、それだけが足りていれば必ずしも妊娠できるとは限りません。

例えば、「とにかくたくさんの栄養をとらなくちゃ…」と悩みすぎてストレスを溜め込んでいるようであれば逆効果になりますし、栄養素さえ十分に注意しておけば他のポイントは全く気にしなくていいわけではありません。 そのなかでも気をつけなければならないのが、ビタミンAの過剰摂取です。ビタミンAは免疫力を高める働きを持っている栄養素です。不足すると風邪を引きやすくなったり、その他の病気にかかりやすくなるリスクがあります。

しかし、妊婦がビタミンAを過剰摂取した場合、胎児の奇形リスクが少し上がってしまうのです。もちろん、必ずしも危険が発生するわけではありません。しかし妊活のためといって普段からたくさんのビタミンAを摂取しすぎていると、妊娠したタイミングで体内に多くのビタミンAがあり、リスクを高める可能性もあるので気をつけておきましょう。 ビタミンAは鶏や豚のレバーなどに含まれているのですが、これらをほんの100g食べただけで妊婦が一日にとるべき摂取限度の2倍の量になります。レバーが大好きな方は特に気をつけておかなければなりません。

たくさんの栄養素をとるため…といってサプリメントからもビタミンAを摂取している場合、過剰摂取に繋がりやすくなります。

サプリでとる必要があるものを考える

できるだけバランスよく栄養素を取り入れようと思った時にサプリは非常に役立つアイテムです。しかし、妊活に良いとされている栄養素を調べ、ひとつひとつサプリメントを用意する必要はありません。

例えば、妊活向けのサプリメントの中には複数の栄養素が効率よく摂取できるように配合されているものもあるからです。マカと葉酸と、それにザクロのサプリメントも…とそれぞれ用意すると飲まなければならないサプリメントの種類も増えます。 特に、組み合わせて取り入れた方が効率よく吸収される栄養素の場合、複数の栄養素が含まれていることも多く、気づかないうちに過剰摂取に繋がってしまう恐れがあるのです。

一度の大量摂取ではなく、継続的な摂取を

妊活のために積極的に取り入れたい栄養素は、一度意識して取り入れればずっと効果を発揮してくれるわけではありません。例えば、水溶性のビタミン類などはすぐに使われなかったものを体内にとどめておくことができず、尿として排出されてしまいます。

その他の栄養素の中にも摂取後の数時間程度しか効率よく吸収できないものもあるため、一度にたくさんの栄養素を取り入れるのではなく、必要な量を毎日継続して摂取していくことが大切だといえるでしょう。 そのためには、できるだけ続けやすい方法を選択することが大切です。栄養バランスが整うように注意することはもちろん大切なのですが、毎日栄養を考えて献立作りをするのは簡単なことではありません。

あまり料理が得意ではない方の場合、メニューを考えること自体がストレスになってしまう場合も…。そういった際にもサプリメントは栄養バランスを整えるのに役立ってくれるでしょう。

積極的に摂りたい栄養成分

妊活するうえでママが積極的に摂りたい栄養成分をピックアップ!その効果・効能、選び方について紹介していきます。

マカ

菜の花やキャベツ、カブなどと同じアブラナ科の植物で、原産地は南米ペルーです。

マカには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸といった主要な栄養素がバランスよく含まれているため、滋養強壮、精力増強、不妊改善などの効果が高いと期待されています。

マカの効果・効能を詳しくチェックする>>

葉酸

ビタミンBの一種で、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつです。

ビタミンB群はどれかひとつだけでは効果を発揮しにくいため複合体であるサプリメントで補給するのが効果的。厚生労働省が妊婦に推奨しているのは吸収率の高い「合成葉酸」です。

葉酸の効果・効能を詳しくチェックする>>

ザクロ

ザクロ科のザクロ属の落葉樹になる果実で、夏の終わりから秋にかけてが旬です。

別名「卵胞ホルモン」とも呼ばれている「エストロゲン」が豊富です。エストロゲンは、月経、妊娠、質の良い卵子を作るためにも重要なホルモンです。

ザクロの効果・効能を詳しくチェックする>>

ビタミン・ミネラル

「炭水化物」「たんぱく質」「脂肪」とともに、人間に欠かすことのできない5大栄養素を形成する栄養素です。バランスよく摂取し体を健康な状態に保つためには、サプリメントで上手に補うのが手軽で効果的です。

ビタミン・ミネラルの効果・効能を詳しくチェックする>>

生姜

ショウガ科の植物で、同じショウガ科の植物にミョウガやウコンがあります。

生姜に含まれるショウガオールという成分は、冷え性を改善したり基礎体温を上げたりする効果があり、ジンゲロールという成分は免疫力を高める働きをします。

生姜の効果・効能を詳しくチェックする>>

亜鉛

大事なミネラル成分の1つで、遺伝子やたんぱく質の合成に無くてはならない成分。

体内で貯蔵されないので、必要な分を摂取し続ける必要があります。飲酒や喫煙、ストレスなどで過剰に消費されてしまうためサプリメントで積極的に補給したい成分です。

亜鉛の効果・効能を詳しくチェックする>>

イソフラボン

マメ科の植物に多くみられる渋み成分で、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をもちます。 黒麹菌を利用した麹菌発酵技術で作られた大豆イソフラボン「アグリマックス」は胃や腸から効率的にすばやく吸収されるという特徴があります。

イソフラボンの効果・効能を詳しくチェックする>>

ルイボス

南アフリカ原産のマメ科の植物。 SOD(スーパー オキシド ディスムターゼ)という活性酸素分解酵素が多く、活性酸素を除去したりガンの発生を抑圧したりする効果があります。

ルイボスの効果・効能を詳しくチェックする>>

ヒハツ

東南アジアに生息している植物で、調味料でお馴染みのコショウの仲間。「ヒペリン」という辛み成分が血行を促進し、基礎代謝を上げ、冷え性を改善します。

ヒハツの効果・効能を詳しくチェックする>>

これが本物!おすすめ妊活サプリの成分一覧表

これが本物!おすすめ妊活サプリの成分一覧表

成分で選ぶ

安全性で選ぶ

おすすめの妊活サプリ一覧