ビタミン・ミネラル

妊活中に摂りたい栄養成分、「ビタミン・ミネラル」について紹介していきます。

ビタミン・ミネラルとは?

ビタミン・ミネラルは、「炭水化物」「たんぱく質」「脂肪」とともに、人間に欠かすことのできない5大栄養素を形成する栄養素です。

ビタミンは体内の酵素を助ける補酵素で、「脂溶性ビタミン」の4種類と、「水溶性ビタミン」の9種類、計13種類に分類されます。肉類、魚類、野菜や果物に多く含まれ、主に体の調子を整える働きをします。

人間の体に必要なミネラルは16種類で、野菜、果物、海藻類に多く含まれます。体の機能の維持や調整に欠かすことのできない栄養素です。

栄養成分がバランスよく入っている
おすすめ妊活サプリ3選をチェック!

どんな効果・効能があるの?

脂溶性ビタミン4種の効果・効能

  • 「ビタミンA」…免疫力を高めるだけでなく、皮膚や肌の粘膜強化にひと役買っているので乾燥肌対策に効果的です。
  • 「ビタミンD」…体内のカルシウム量を調整する働きがあり、歯や骨を健康に保ちます。
  • 「ビタミンE」…抗酸化作用があり活性酸素を除去してくれますので、アンチエイジングに効果的なビタミンです。
  • 「ビタミンK」…出血したときに、血液を固まらせるための因子を活性化させ止血します。骨の健康にも欠かせません。

溶性ビタミン9種の効果・効能

  • 「ビタミンB1」…筋肉組織や神経を正常に保ち、糖分をエネルギーへと変換するのを手助けします。
  • 「ビタミンB2」…別名は発育ビタミン。脂質などの栄養素がエネルギーに変わるのをサポートします。
  • 「ナイアシン」…アルコール分解酵素の補酵素。三大栄養素のエネルギー代謝をサポートします。
  • 「ビタミンB6」…摂取した栄養から体に必要なたんぱく質を再合成し、成長を促進させます。
  • 「ビタミンB12」…動物性食品に含まれ、赤血球の生成を手助けします。貧血予防や改善に役立ちます。
  • 「葉酸」…別名、造血のビタミンと呼ばれ、赤血球の形成や胎児や乳幼児の発育にも不可欠なビタミンです。
  • 「パントテン酸」…脂質、等質、たんぱく質の代謝に関わる補酵素を構成する成分です。
  • 「ビオチン」…皮膚や毛髪を健康的に維持する働きがあります。
  • 「ビタミンC」…コラーゲンの生成に関わり血管や皮膚を守ります。抗酸化作用も。

主要ミネラル7種の効果・効能

  • 「カルシウム」歯や骨を構成。イライラを抑制します。
  • 「カリウム」筋肉の収縮を調節し、血圧を正常に整えます。
  • 「ナトリウム」血液の浸透圧を維持。消化を促進します。
  • 「塩素」老廃物を排出。血液中の酸とアルカリのバランスを維持します。
  • 「マグネシウム」筋肉痛の緩和や神経の苛立ちを抑制します。
  • 「硫黄」細菌感染の抵抗力がUPします。有害ミネラルの蓄積を防止。
  • 「リン」歯や骨を丈夫に保ち、疲労回復のサポートをします。

微量ミネラル9種の効果・効能

  • 「鉄」貧血の改善。小児の成長にも欠かせません。
  • 「銅」髪や皮膚の色を保ち、血管を丈夫にする役割があります。
  • 「コバルト」造血機能を高めて貧血を予防します。
  • 「ヨウ素」細胞の代謝を促進し、皮膚や髪の健康を保ちます。
  • 「セレン」有害ミネラルを排出し細胞の老化を防ぎます。
  • 「モリブデン」体内で不要になった老廃物を尿酸に変えます。
  • 「亜鉛」免疫力を高めます。育毛にも効果的。
  • 「クロム」動脈硬化、高血糖や高脂血症を予防します。
  • 「マンガン」糖質、脂質、尿素の代謝をサポートし、骨の形成も助けます。

これらをバランスよく摂取し体を健康な状態に保つためには、食事に気を配るだけでなくサプリメントで上手に補うのが効果的です。

これが本物!おすすめ妊活サプリの成分一覧表

これが本物!おすすめ妊活サプリの成分一覧表

成分で選ぶ

安全性で選ぶ

おすすめの妊活サプリ一覧